海外のFX業者

FX取引をするには国内のFX業者を利用する方法と海外のFX業者を利用する方法があります。どちらのFX業者を使っても同じFX取引であるので、大した違いがないのでは、とおもっている人がいるかもしれませんが、現状ではこの2つのFX業者には大きな違いがあります。どちらの業者を利用するのもかまいませんが、国内のFX業者を利用する人はもちろんですが、海外のFX業者を利用しようとする人は国内のFX業者を利用するよりもメリットとデメリットをよりしっかりと把握して取引をする必要があります。

海外のFX業者は日本国外に本拠があり、普通は日本の金融庁に登録していない業者を指します。金融庁に登録していないからといって違法な業者であると言うわけではありません。

海外のFX業者を利用する最大のメリットはレバレッジの高さにあります。日本国内のFX業者は金融庁の規制下にあるので、レバレッジは最大25倍までに規制されてしまいます。以前は日本でも100倍を超えるような高レバレッジのFX取引をすることが可能でしたが、個人投資家の保護などの理由によって最大25倍までとなりました。

サイト参照先:www.australiahighlow.com

それに比べると海外のFX業者は海外に本拠があるので、日本の規制の適用を受けません。もちろん本社のある国の法律の適用を受けることになりますが、あくまで日本の規制である最大25倍のレバレッジ規制に従う必要はありません。海外に本拠があるとはいってもインターネットを利用すれば日本の投資家であっても海外のFX業者を利用することはむずかしくありませんので、高レバレッジのFX取引をしたいという人には海外のFX業者の方が適していると言えます。

海外のFX業者を利用する最大のデメリットは信託保全の制度がないことです。日本のFX業者では投資家からの証拠金を信託銀行などに信託する信託保全の制度があるので、FX業者が破産などをすることがあっても投資家の証拠金や資産はある程度は保護されることになります。

海外のFX業者では信託保全が制度としてないので、投資家の資産保護がされているどうかは業者によってまちまちとなっています。それに日本の法律外のFX業者でもありますから、悪徳なFX業者も少なからず存在するようです。少なくとも海外のFX業者を利用する場合には取引を始める前に利用したいと考えている海外のFX業者の情報をなるべく詳細に調べておく必要はあります。もちろん海外のFX業者でも優良な業者はたくさんあります。