海外のFX業者

FX取引をするには国内のFX業者を利用する方法と海外のFX業者を利用する方法があります。この2つのFX業者の取引には、現状大きな違いがあります。海外のFX業者を利用しようとする人は国内のFX業者を利用するよりもメリットとデメリットをよりしっかりと把握して取引をする必要があります。

海外のFX業者は、日本国外に本拠があり、普通は日本の金融庁に登録していない業者を指します。ですが金融庁に登録していないからといって違法な業者であると言うわけではありません。

海外のFX業者を利用する最大のメリットはレバレッジの高さにあります。日本国内のFX業者は金融庁の規制下にあるので、レバレッジは最大25倍までに規制されてしまいます。以前は日本でも100倍を超えるような高レバレッジのFX取引をすることが可能でしたが、個人投資家の保護などの理由によって最大25倍までとなりました。


それに比べると海外のFX業者は海外に本拠があるので、日本の規制の適用を受けません。もちろん本社のある国の法律の適用を受けることになりますが、あくまで日本の規制である最大25倍のレバレッジ規制に従う必要はありません。海外に本拠があるとはいってもインターネットを利用すれば日本の投資家であっても海外のFX業者を利用することはむずかしくありませんので、高レバレッジのFX取引をしたいという人には海外のFX業者の方が適していると言えます。

また、「ボーナス」も海外FXの最大の魅力の一つで、入金した額以上に証拠金が増える特典です。中には口座開設や入金をするだけで豪華なボーナスをくれる海外業者もあります。ボーナスで増えた口座の資金をそのまま出金することはできませんが、証拠金としてトレードして出た利益分は出金することができます。日本の業者には豪華なボーナス特典がある業者がありません。

海外のFX業者を利用する最大のデメリットは信託保全の制度がないことです。日本のFX業者では投資家からの証拠金を信託銀行などに信託する信託保全の制度があるので、FX業者が破産などをすることがあっても投資家の証拠金や資産はある程度は保護されることになります。

信託保全が制度ということは、投資家の資産保護がされているどうかは海外FXの業者によって異なるということです。海外のFX業者でも優良な業者はたくさんありますが、取引を始める前に業者の安全性を見極める必要があります。世界的な金融のライセンスを取得しているか?日本人スタッフによるサポートの有無など、サポート対応はどうか?デモ口座を利用して、システムの安定性はどうかを見極めるなど、情報を集めることが重要です。